メニエール病の完治

メニエール病を完治させるには生活改善が大切

今すぐ試してみてください。
これが7割のメニエール病患者に効いた注目成分です!

 

話題のメニエール病サプリメントこちらへ

 

めまいを感じている女性

 

視界がグルグル回転して立っていられないほどのめまいや吐き気・・・

 

繰り返す立ちくらみやふらつき・・・

 

本当につらいですよね。

 

中には救急車を呼ぶほどの激しい症状を経験する方もおられます。

 

メニエール病は治りにくい病気と言われています。

 

しかし、あきらめないでください。

 

実際に完治と言えるほどに症状がほとんど消失してしまった人は少なくありません。

 

また完治とまではいかなくても、メニエール病の患者さんの約90%は薬物療法と生活習慣の見直しによって、仕事や育児などに支障ない程度に改善されていると言われます。

 

ですから、今はつらい症状と不安で先が見えないとしても、完治を目指してできることを確実に行なっていきましょう。

 

メニエール病の原因は内耳の水ぶくれ

なぜメニエル病が起きるのか、その明確な原因はいまだ判明していません。

 

しかし、回転性のめまいや聴力の異常など症状を自覚する仕組みについては解明されており、内耳に起きる水腫(リンパ水腫)が原因だとされています。

 

水腫とは、水ぶくれのことです。

 

何らかのきっかけがあって、内耳のリンパ液が過剰になり、蝸牛や三半規管と言った器官に水ぶくれが起きると、身体のバランス感覚がおかしくなって、めまいが生じたり、低温が聞き取りづらいなどの聴覚の違和感を感じることになります。

 

ですから、病態を緩和するには、体内の水分代謝を改善して、水ぶくれを無くすことが必要です。これには原則として利尿剤などの内服薬によって対処することになります。

 

一方で、何度も再発を繰り返す特徴がありますから、発作を繰り返す原因として考えられるストレスや疲労を解消したり、食生活などの生活習慣を見直して、予防を心がけることも大切です。

 

関連記事:メニエール病の原因とメカニズムを知れば改善の道が見えてくる

 

メニエール病では病院での治療が第一

メニエール病は命に関わる病気ではありませんが、悪化すると慢性的な難聴や聴覚障害に至ることがあります。

 

ですから、長期に放置したり、自力で治そうとするのではなく、第一に病院にかかって治療を行うことが大切です。

 

まずは、気になる症状を自覚していてメニエールの疑いがあるなら、耳鼻科やめまい専門外来を受診し検査を受けるのが第一歩です。

 

関連記事:メニエール病の症状をチェック!メニエール病にかかりやすい性格もチェック

 

検査にはグリセロール(グリセリン)を利用した聴力検査、直立検査、足踏み検査などがあります。

 

例えば、グリセロール検査では、脳圧降下剤のグリセロールを飲んだり、点滴したりすると、その脱水作用によってリンパ水腫が一時的に改善されるため、投与前後の聴力の変化を調べることによって、内リンパ水腫が生じているかどうかが分かります。

 

関連記事:メニエール病の病院での検査や診断基準を知っておきたい

 

医師からメニエール病の診断を受けると、状態に応じて、抗めまい薬・血流改善薬・自律神経調整薬・精神安定剤・利尿薬などの薬が処方されます。また場合によっては、入院したり手術が行われるケースもあります。

 

また、めまい発作が起きたときには、メイロン注射というものを行うと症状が和らぐようです。

 

関連記事:メニエール病の治療で使われる注射とその効果は?

 

一方で、病院の治療や薬の服用のみに頼るのではなく、自分の生活を見直すということが完治を目指すためには欠かせません。というのも、メニエール病の発症や症状の程度は、ストレスや自律神経の働きとも関係しているためです。

 

そのようなストレスを軽減したり、自律神経のバランスを整えるためには生活習慣が大きく影響しますから、メニエール病を完治させるためには生活改善が欠かせないのです。

 

メニエール病が治る3つの生活習慣

メニエル病を治すには、休養(睡眠)、労働(運動)、食事(栄養)の3つの面で質を高めることが必要です。

 

それぞれについてのアイデアやコツは、このサイト内の他の記事で扱っていますが、ここでは大まかな注意点やポイントを取り上げたいと思います。

 

休養(睡眠)

ぐっすり眠る女性
メニエール病の症状であるめまいや耳鳴りは、ストレスが絡んでいることが多いようです。それで症状を悪化させないためには、休養をしっかりとってリラックスできる時間を増やすことを意識しましょう。

 

家でゆったりした時間を過ごすのも良いですが、釣りや旅行など趣味を見つけて、それを楽しむ時間をつくることもリフレッシュできて効果的です。

 

また休養の中でもとりわけ良質な睡眠は精神的なダメージを回復するうえでも重要ですし、体内のリズムを整えて自律神経を正常に近づける役割があります。

 

睡眠不足が続いているなら、早期の対策が必要です。睡眠の質を高めるのに役立つアイデアや道具をいろいろと試してみて、理想の睡眠をとることを最優先しましょう。

 

関連記事

 

労働(運動)

ウォーキングする女性
自律神経は身体の緊張と緩和のバランスを司っています。そして、ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れた時に、めまいや耳鳴り、吐き気といった症状がひどくなります。

 

この自律神経の働きを乱されにくくするには、適度な運動や労働が効果的です。それらを習慣にすることで、ストレスにも強くなり、メニエール病と上手に付き合っていくことができます。

 

発作がひどい時には安静にすることが大切ですが、だからと言っていつまでも寝てばかりいても治りません。

関連記事

メニエール病に水泳が有効

 

食事(栄養)

健康的な食事の例
めまいや耳鳴りを軽減するのに役立つ栄養素は、ビタミンB群です。中でもビタミンB12は治療薬としても使われ、神経代謝に関わる大切な栄養素です。

 

それで、ビタミンB12を多く含むレバー・豚肉・アサリ・シジミ・牡蠣などの食材を意識してメニューに含めましょう。またストレスを和らげる作用のある栄養素としては、ビタミンCとカルシウムがあります。

 

さらに自律神経のバランスを整えるのに役立つ補助食品として、蜂の子なども効果が認められています。

 

完治を信じてあきらめないで

メニエール病と診断されると、ショックで目の前が真っ暗になったように感じる人も少なくありません。

 

でも、ほとんどの人は上手な付き合い方を習得し、やがて症状をコントロールできるようになります。中には完治と呼んでよいほど、全く発作が起きなくなる方もおられます。

 

確かにメニエール病は短期間でパッと良くなる病気ではないので、心配で不安になるかもしれません。また、めまいや吐き気などつらい症状で仕事や家事に支障が出て、憂鬱かもしれません。

 

しかし、薬物療法を中心にしつつ、ひとつひとつ生活改善に取り組むなら、一歩一歩確実に完治に近づける病気でもあります。

 

ですから、あきらめずに今できることに意識を向けて取り組んでいきましょう。

 

7割のメニエール病患者に効いた注目成分とは?こちらへ